株式会社ニンニンドットコム

mailお問い合わせ>

創りたかったのは、
多様な価値が多様な関係の中で交換される世界

SDGs経営を推進し企業価値を向上

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、世界を持続可能でより良くするために2015年の国連サミットで採択された17の目標のことです。2030年までに実現するべき 17の目標達成と行動目標である169のターゲット、具体的な数値で示した232の指標があります。私たちは、SDGs経営を推進し、企業のイノベーションを促進します。

SDGs経営を行う中小企業のメリット

中小企業がSDGs経営を行うメリットは、ひと言でいうと企業価値が向上します。SDGsは、未来の理想の世界の姿であり、この解決するべき社会課題は、政治、経済、メディア、市民が団結して取り組まなければいけないため、国やメディアは、SDGsに絡んだ、ストーリー性があり、人々にとって身近な話題は、優先的に紹介しています。求職者にとって魅力的な企業になり、働く人にとっては、自身の仕事が社会課題を解決しているという誇りと、働きがいにつながります。金融機関における融資審査、国や自治体からの補助金や助成金などの資金面で優遇されます。

YouTube動画

SDGs経営で、イノベーションを起こす

SDGsへの取組みは、現在、および未来における社会課題です。その社会課題の解決に事業の方針を寄せていくということは、その事業を必要とする社会的なニーズも上がっていくということです。
自社の既存事業や新規事業が、どのように社会課題の解決につながるのか? 具体的に社会課題を解決するために自社の事業をどう変え、どんなパートナーと組めばよいのかを支援します。

当社のSDGs経営への取組と、一般社団法人SDGsマネジメント

SDGs×経営

SDGsは世界が取り組まなければならない目標ではありますが、企業にとっては、その取り組みが果たして自社のビジネスに有効なのか?社会的に認知されている大企業が取り組み自社のイメージアップに使ってるのでは?というような疑問を持たれる方も多いです。しかし、SDGsには経営のヒント、利益につながる事業機会の創出などメリットも多いのです。私たちは、SDGs経営を推進させ、ビジネスとして社会課題の解決を各企業が取り組めるように取り組んでいます。