1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. サステナビリティ

sustainabilityサステナビリティ

経営者と共に、社会課題を解決し、持続可能な世の中をつくります。

持続可能な社会をつくる

私たちは、経営者のパートナーとして、社会課題の解決を事業に取り入れるべく、同じ志をもった企業同士のパートナーシップを活性させ、企業価値の向上と、持続可能な社会をつくることの両面に貢献します。

2030年までに達成するべき社会課題

SDGs世界を持続可能にするために取り組まなければいけないことは、2030年を分岐点に成果が問われると言われています。SDGs(Sustainable Development Goals)は、世界を持続可能でより良くするために2015年の国連サミットで採択された17の目標のことです。2030年までに実現するべき17の目標達成と行動目標である169のターゲット、具体的な数値で示した232の指標があります。

ニンニンドットコムが取り組むSDGs

社会の変化は、発展も衰退も含め、企業活動が大きく影響しています。私たちは、日本政府の取組みとして決定された「持続可能な開発目標(SDGs)実施指針」に示されている優先課題の「8. SDGs実施推進の体制と手段」において、主に中小企業経営者へ、SDGs経営の重要性やメリットを伝え、社会課題の解決を取り入れた企業活動の啓蒙に取り組んでいきます。

ゴール 17. 持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する
ターゲット 17.17 さまざまなパートナーシップの経験や資源戦略を基にした、効果的な公的、官民、市民社会のパートナーシップを奨励・推進する。
グローバル指標 17.17.1 インフラのために官民パートナーシップにコミットしたUSドルの総額

SDGs経営の推進について、当社の活動目標

活動内容 目標
SDGs経営の推進のため、経営者向けSDGs経営の啓蒙を目的としたセミナー、講演活動 2025年までにセミナー、講演活動を15回行う。
SDGs経営の推進、啓蒙を目的としたプログラム、教材、企画資料の作成 2025年までにSDGs推進に関する企画書、プログラム、教材を30個作成
持続可能な社会をつくるためのパートナーシップを生み出すコミュニティ、プラットフォームの開発 2025年までに立ち上げる。

活動報告

2022年6月
秋田県大仙市企業連絡協議会総会・講演会にて地元の経営者向けに
「SDGs経営で企業価値をデザインする」という演題で講演を行いました。
2022年6月
一般社団法人サステナブルトランジションの
SDGs中核人材育成プログラム(中級講座)の開発に参加しました。
2020年12月
ネオキャリアとの共催セミナー
「中小企業向け!今さら聞けないデジタル化推進とSDGs、 企業価値の向上と補助金も活用できるメリットいっぱいの2大トレンドを解説」開催し、登壇しました。
2020年11月
毎月、大量に廃棄となる売れ残ったOA機器の在庫をレンタルで使ってもらうことで劣化を防ぐ「PODWORK」というサービスを企画しました。
2020年5月
SDGsの達成を企業活動に取り入れてもらうため、SDGs経営による企業価値の向上支援をする団体として、一般社団法人SDGsマネジメントの立ち上げに理事として参画し、認定トレーナーになりました。

その他の企業情報

戻る