1. ホーム >
  2. 採用情報 >
  3. 仕事への取り組み方、考え方

RECRUIT仕事への取り組み方、考え方

成果をあげるための基本姿勢や仕事でのこだわり

没頭できることが仕事になる

仕事の取り組み方、考え方プラモデル好きの子供が、時間を忘れて制作に取り組むように。スポーツ好きが、日が落ちてもずっとスポーツしているように。歴史好きが、歴史上の出来事から活躍した人物を調べたり、その後の出来事を調べたりするように。
これからは、金銭を稼ぐための仕事と割り切るのではなく、まるで趣味の延長のように自身が没頭できるものにニーズが生まれ、仕事になるように思います。
ニンニンドットコムの仕事は、クリエイティブに関することやインターネットでの発信に関することですが、そこで発信し表現することは、その時々の顧客企業のことや、そのお客様、顧客企業の業界についてです。
世の中の商売に興味、関心を持ち、それらを表現し発信することに没頭して取り組める人が向いています。

その時々で業界の違う経営者の頭の中をカタチに

世の中にはいろんな商売があります。
それらを知ることに面白がり、表現、発信について自分ごとでのめり込み、顧客企業の商売がうまくいくように仕事を前に進めようとすることが仕事では問われます。

  • 経営者の話、業界の話、商売の話を面白いと思える人
  • 伝えたいことを表現し発信したい人
  • 顧客心理を探求し、情報を広めることに燃える人
  • 自身の取り組みによって顧客企業が変わり、世の中を変えたい人

にとってはとても充実した仕事になると思います。

どのように仕事に取り組むか?

多くの業界との関わりと、お客様企業の経営に影響する難易度の高いプロジェクトは事前に用意された正解があるわけではありません。かつ必要な知識もその都度変わるため、時には強いプレッシャーを感じたり、必要な勉強が膨大になったりします。
そのため、ニンニンドットコムでは仕事以下の取り組み方を基本姿勢として明文化しています。

基本姿勢

  1. ガッツ、めげない、ポジティブ
  2. 未知のもの、今できないことへの好奇心
  3. 問いを発し、学び続ける
  4. フィルターかけずに見聞きし、考える
  5. 自己開示
  6. 前に進める、より良くする

日々の仕事のコツ

また、日々の仕事の場面でどのようなことにこだわれば成果が出るのかをまとめたものが以下です。仕事をするうえでのコツのようなものです。

仕事に向かう

1 そもそも何のため?と目的、狙い、ゴールを意識する
2 面白い仕事があるのではなく、自分に面白がる力があるかないか
3 関わるからには「自分ごと」で取り組む
4 「できる」を前提に取り組む
5 「できない」「わからない」ではなく、問いを立てる
6 行き詰まったら、調べる、検索する、聞きにいく
7 今すぐ結果を出すために、今すぐ勉強する
8 ミスはしょうがないが、手抜き、誤魔化しは許されない
9 「何がダメか?」ではなく「どうすればもっと良くなるか?」
10 キレたら終わり、切れなきゃいつかは挽回できる

チームの一員として働く

11 何がやりたいかではなく、何が役割かと考える
12 「もらえるならやる」のではなく「やったからもらえる」
13 誰かがやることは自分がやる
14 担当以外の仕事は自分に関係ないと勘違いしない
15 受け取った仕事は自分の価値をプラスする
16 自分が関わることで、誰かを得させ、楽させる

顧客との接点

17 顧客との接点が最大の機会
18 顧客に良かれといつも何かを提案する
19 反応はサービス、肯定的な反応がチャンスを生む
20 顧客はパートナー(仲間)
21 目先の利益よりも、未来の利益、関係の継続を優先する
22 顧客の社員よりも、顧客の商売を考える
23 価格表と事例は持ち歩いて、すぐ出す
24 「かしこまりました」を連発しない
25 費用対効果が顧客の判断基準
26 割りに合わない仕事は自分も顧客も苦しめる
27 終了時刻を先に共有、時間をみながら進行する

仲間との連携

28 こまめに返信、正解不正解の前に即反応
29 第三者がわかるカタチでタスク化し、頭を記憶に使わない
30 ガイドライン、情報共有を重視し、データを自分のPCに保存しない
31 手段ではなく目的で会話する
32 書きながら(打ちながら)話す
33 自分の意見ありきで、会話する
34 結論から話す
35 不明確な仕事は渡さない、受け取らない
36 苦しい時こそ、明るく振る舞う
37 考えもせずに、一般論を振りかざさない

どうつくるかを考える

38 顧客は誰か?目的は何か?からスタートする
39 顧客設定は「すべての〇〇は顧客である」が
成り立つように
40 目的は相手の感情に置き換える
41 施策は、接点を増やす、導線をつなぐ、再来訪させるの3つ
42 レイアウトの前に必要要素を洗い出す
43 わかりやすさは全ての要素に優先する
44 導線は、位置、大きさ、色、カタチ、
素材でコントロール
45 その分野の最高を知り、あたりまえの基準を上げる

制作の実務

46 最高の実績こそが、最高の営業ツール
47 0(ゼロ)からつくりはじめない
48 細部にこだわり1pxを大事にする
49 ソースは、無駄なく、正しく、わかりやすく
50 今より、もっと良くならないか?と疑う
51 サイトの更新、修正は手を入れるほど良くなるように
52 「納期」と言わず「公開」と言う
53 公開したら利用する
54 情報漏洩、不正利用、違法のリスクを常に意識
エントリーはこちらから

その他の採用情報

戻る